相続税申告手続きの記事一覧- Page 2 of 3 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き

相続税申告手続き

相続税申告の電子申告

遺産相続をしたのちに相続税がかかることが明らかになった場合、税務署へ相続税申告をしなければなりませんが、相続税申告は電子申告をすることができません。
電子申告とはe-taxと呼ばれる国税庁が運営しており、国税に係る申告・申請・納税に対応したオンラインサービスで、確定申告のときに使われることでよく知られているのではないでしょうか?

相続税申告の電子申告 の詳細へ

相続税申告を知る

これから遺産相続をする人が必ず意識しておかなければならないのが相続税に関することで、相続税は必ずしもすべての相続人に発生するわけではありませんがどういう場合にかかるのか知っておくことは必要です。
なぜなら、相続税申告の期限は遺産相続がスタートしてから10カ月以内と決められており、期限までに納付できないとペナルティが発生してしまうからです。

知らなかったで済まされるものではありませんし、最悪の場合脱税行為になってしまいますから、遺産相続するなら相続税について、そして相続税申告について覚えておかなければなりません。
相続税申告を自分でするという人もいるかもしれませんが、もとそういったことに詳しい人や、興味があって勉強していた人以外は基本的に詳しい専門家に相談しながら進めていくのがおすすめです。

相続税申告を知る の詳細へ

相続税申告

遺産相続をする場合、相続する金額によっては相続税が発生する可能性があります。
相続税が発生するとなると当然税務署へ相続税申告をしなければなりませんが、どのような流れで進めていけばいいのか分からない人も多いと思います。

そこでここでは相続税申告の簡単な流れをお伝えしていきますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてください。
はじめに遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日からで、7日以内に死亡届を市町村役場へ提出をしなければなりません。

相続税申告 の詳細へ

相続税申告のスケジュール

遺産相続をする場合、法定相続人となる人は相続税が発生する可能性がありますので、あらかじめどのくらいかかるのかチェックしておかなければなりません。
相続できる財産は必ずしも現金だけではありませんから、価値があるものを相続しても相続税は現金で支払わなければならない分、予想していたよりも高くなってしまうと納められなくなることも考えられます。
相続税申告のスケジュール の詳細へ

相続税申告に必要な書類

遺産相続は法定相続人を決め、誰がどの財産を相続するのかを明らかにした後相続税がかかるかどうかをチェックしなければなりません。
遺言書が残されている場合はそれに沿って進めていけばいいのですが、そうでないことのほうがほとんどなので、まずは戸籍調査と財産調査を行い誰が法定相続人となってどれだけ財産が残されているかを明らかにします。
その後遺産分割協議において誰がどの財産を相続するか決め、相続税が発生する場合は各相続人が手続きをすることになります。
相続税申告に必要な書類 の詳細へ

相続税申告は税理士へ

これから遺産相続をする人の中には、かなりの金額の遺産が入って来る人もいると思いますが、多額の遺産を相続するときに考えなければならないのが相続税についてです。
相続税は遺産相続した人すべてにかかってくる可能性がありますが、必ずすべての相続人が支払わなければならないものではありません。
相続税申告をする前にまずは自分が相続税の対象になるだけの遺産を相続するのかを知っておかなければなりませんし、それを踏まえたうえで正しい計算をする必要があります。
相続税申告は税理士へ の詳細へ

相続税申告の流れ

遺産相続をする可能性がある場合、必ず考慮しなければならないのが相続税についてで、これは遺産相続をするすべての人にかかってくる可能性があります。
相続税は相続する財産から基礎控除額を引いて残った部分が対象となりますので、まずは基礎控除額を計算しそれを自身が相続する財産の総額から引きます。
相続税申告の流れ の詳細へ

相続税申告書作成にあたって

遺産相続は家族が亡くなって間もなく行わなければならず、慌ただしくなることもめずらしくありません。
特に相続税が発生する場合は相続税申告書を作成して税務署に申告しなければなりませんから、きちんと計画的に手続きをしていく必要があります。
そこで今回はスムーズに相続税申告書を作成するために申告までどのようなスケジュールで進めていくのか紹介していきたいと思います。

相続税申告書作成にあたって の詳細へ

相続税申告には税理士が便利

遺産相続によって被相続人から財産を引き継ぐ場合、相続税に関する問題が浮上する可能性があります。
相続税とは遺産相続した財産に対してかかる税金で、納付にあたってのルールが設けられていますから、手続きをする際には税理士に依頼するのが一番いいでしょう。
税理士は税金の専門家として相続税に関すること以外にも企業の税金対策などを行っていますが、弁護士と同じように専門分野を持っている人に依頼したほうが知識も豊富なので安心して任せることができます。

相続税申告には税理士が便利 の詳細へ