相続税の基本の記事一覧- Page 2 of 2 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税の基本

相続税の基本

相続税申告の際の注意点

相続税は一定額以内であれば基礎控除が適用されて、支払い義務だけでなく申告も不要となります。
だから実際に相続税を支払う方はほんの一部の人で、ほとんどの人はあまり関係が無いのは事実です。
しかし「関係が無い」と思い込んでいる人ほど、相続税が発生していたことに気づいていません。
結果的に余計な税金を支払ってしまい、泣きを見た方は大勢いらっしゃいます。
そこで後で泣かない為にも、相続税の申告にまつわる注意点について取り上げます。
相続税申告の際の注意点 の詳細へ

相続税のペナルティ

相続税の申告は期限があり、被相続人が亡くなられた翌日から10ヶ月以内と定められています。
納税期限も申告期限と同じです。
しかし何らかの事情があって申告期限を過ぎてしまった場合、ペナルティが発生するので要注意です。
では一体どんなペナルティが課せられてしまうのでしょうか。
相続税のペナルティ の詳細へ

相続税の相談

相続税の申告だけならばまだしも、申告の為の準備となると途方もない時間と労力が必要になります。
やるべきことは山ほどあるので、何から手を付ければ良いのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
そこで専門家へ相談したい所ですが、何処に相談に行けば良いのでしょうか。
相続税の相談 の詳細へ

相続税の特例

どんな税金でも、支払うのは嫌なものです。
特に相続にかかる相続税は下手をすればとんでもない金額になることもあるので、なるべくならば安く抑えたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
相続税には様々な特例があり、上手く手続きを行えば安く抑えられるばかりか、控除を受けられる可能性はあります。
では一体どういう特例があるのか、1つ1つ取り上げるとキリが無いので、代表的な物を3つ紹介したいと思います。
相続税の特例 の詳細へ

相続税の手続きに必要となる書類の種類

相続税の手続きの流れを大まかに説明すると、集めた書類を元にして申告書に記載して、税務署へ提出するだけです。
申告書の記載は空欄に文字を埋めるだけなので、思っているよりも簡単に出来ます。
しかし問題は書類集めです。
どの種類の書類を集めればいいのかは人それぞれなので、何とも言えないのが正直な所です。
相続税の手続きに必要となる書類の種類 の詳細へ

相続税の手続きはいつまで?

相続の手続きはそんなに頻繁に行うものではないので、悩んでいる方も多いと思います。
特に頭が痛いのは相続税で、どう対処すれば良いのかと途方に暮れていないでしょうか。
でも相続税の手続きは「分からないから」という理由で、さぼる訳には行きません。
相続人がいない場合でも手続きが必要ないようです。
では一体いつまでに手続きを済ませればいいのでしょうか。
相続税の手続きはいつまで? の詳細へ