相続税申告と代償分割 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告と代償分割

相続税申告と代償分割

相続税申告の期限は事務的に決まることが多く、ほとんどのケースで被相続人が亡くなった日の10か月後となります。
これまでに遺産の分け方を話し合いで決め、相続税の計算も行わないといけません。
ただ、税金の計算どころか、遺産の分け方で話し合いがまとまらないこともよくあります。
相続税は遺産をどう分けるかが決まらないと、その金額の計算もできませんし、申告もできません。
この期限内に申告を済ませるためにも、知っておきたい方法の1つが代償分割となります。

これは何かというと、特定の相続人が特定の遺産を相続、もしくは遺産の大半を相続する代わりに、他の相続人へ金銭を支払う形で決着する分割方法です。
これが役立つのは、分割が難しい遺産が大半を占めるときです。
たとえば主な遺産として残されたのが高級マンション1軒のみで、それに匹敵する高額な遺産がほかになく、さらに相続人が複数いると、誰がその高級マンションを相続するかでトラブルになりがちです。

これが現金や預金なら、人数でその遺産を分割できるのですが、不動産はそのような分割が難しいのです。
ちなみに1つの物件を複数人で共同所有することもできなくはありませんが、特定の所有者は売却を希望し、別の所有者は引き続き所有を希望するなど、方針の食い違いによるトラブルもよくあるため、あまり推奨されません。

先の例のように、主な遺産が高級マンション1軒のみなど、複数人の相続人で分割するのが難しい財産に関する遺産相続では、特定の相続人1名がその遺産をすべて相続するのが望ましいのです。
ただ、それだと他の相続人は一方的に遺産をもらえないことになりますから、納得できないでしょう。
そこを収めるための方法の1つが、代償分割です。

先の例の高級マンションが1億円の価値があり、相続人が兄と弟の2人だったとしましょう。
このときに兄がその物件をすべて相続する代わりに、その兄は弟まで、5000万円の現金を支払うという形で決着するのです。
これで分割が難しい遺産を特定の相続人がすべて引き受けられますし、他の相続人にも平等に遺産を分けられます。
これを提案することで、遺産分割協議がまとまり、話がスムーズに進むこともあります。

代償分割も活用しつつ、遺産の分け方が決まれば、相続税の計算もできますし、申告書の作成も進められます。
被相続人が亡くなった日の10か月後という期限にも、十分間に合う可能性が出てくるのです。
申告準備の猶予期間は約10ヶ月ということを念頭に、ときには代償分割という方法も利用しつつ、手続きを進めてください。