相続税申告の代行 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告の代行

相続税申告の代行


相続税申告は代行の依頼も可能です。
実際に相続税を申告することを考えると、プロに代行を依頼するのがかなり現実的な方法となるでしょう。
その理由は申告のスケジュールにもあります。

申告が必要な期限は、相続の開始を知った日の翌日より10ヶ月以内となります。
この期限が長いか短いか、一見すると長いように見えるでしょうが、これはそれほど長い期限ではありません。
相続が開始されたあと、相続人たちがやることは多岐にわたります。
被相続人が亡くなったことの届け出や、被相続人の社会保険の解約、葬儀、遺産調査と、山のようなタスクをこなしていかねばなりません。

しかもこれらの間、仕事などを完全に休めるわけでもないでしょう。
仕事をしている方はこの間も普通に仕事を続ける必要がありますから、この期間は目が回るほどの忙しさとなることも多いです。
そのような中、被相続人が亡くなった日の翌日よりすでに相続税の申告期限も始まっていますから、そこから10ヶ月というのはそれほど長い期限ではないのです。

そのため申告手続きをプロに代行してもらうのはいい方法となります。
そのプロとは税理士になります。
税理士以外の専門家が相続税申告の代行はできませんから、間違えて他の専門家に相談しないように注意してください。
また、税理士の中でも相続税は特殊な分野となります。
普段から相続税に特化している税理士でないと、この依頼を受けられない場合があります。
税理士なら誰でも対応できるわけではありませんから、相続税申告代行を依頼するときは、相続税専門の税理士を探してください。

そのような専門家が見つかれば、代行の依頼ができます。
依頼をすると、遺産の整理から集計、それにかかる税金の計算、申告書の作成から提出まで、相続税に必要な対応を一通りプロがやってくれます。
ただし遺産の整理や集計について、故人にどんな遺産があるのかはプライバシーの問題もあるため、ここをスムーズに片付けるには相続人の積極的な協力が不可欠です。
税理士とよく相談の上、どれだけの遺産があるのか、積極的に調べていってください。

このような対応もできれば、相続税申告代行の依頼から1か月ほどで申告が終わることも多いです。
ただ遺産の内容によってはケースバイケースです。
プロの税理士でも相続税は1〜2日ですぐ対応できないことも多い税金となります。
申告期限の間近になって依頼をしても間に合わないことがありますから、代行をすでに考えている方は早めに依頼をしてください。
もし自分で対応するつもりの方も、難しいと思った時点ですぐに依頼の相談をするのがおすすめです。