相続税申告の流れ - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告の流れ

相続税申告の流れ

遺産相続をすると相続税が発生する可能性がありますが、もし相続税がかかった場合には相続税申告をしなければなりません。
相続税申告は難しいイメージがあるかもしれませんが、きちんと流れを把握できていればスムーズにできますので、ここでは簡単に流れを紹介したいと思います。

はじめに相続税が発生するかどうかは財産の全容を明らかにし、相続人を確定させるところからスタートします。
相続の対象になる財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、プラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額か配偶者控除額を引いた金額が相続税の対象になります。

プラスの財産となるのはマンションやアパートなどの建物や宅地、農地、借地権、借家権といった不動産や不動産に関する権利、現金、預貯金、株券、貸付金、売掛金、小切手や自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産、ほかにも電話加入権、ゴルフ会員権、慰謝料請求権、損害賠償請求権といったものがあります。

マイナスの財産は借金、買掛金、住宅ローン、小切手といった負債、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金、未払い分の家賃と地代、未払い分の医療費などがあげられます。
さらに生活保護受給・国家資格・親権・罰金など、香典、弔慰金、葬儀費用、生命保険、死亡退職金、遺族年金など、プラスの財産にもマイナスの財産にもならないものもありますので、こちらはあらかじめ除外しておいてください。

財産と相続人が確定したら遺産分割協議をして遺産分割をしますが、通常であれば相続人が集まり残された財産についてどうするのか協議を進めいきます。
ただし稀に被相続人が亡くなった後に本来相続財産となるはずだった財産がなくなって新たな財産が発生する可能性があります。

たとえば先に相続財産であった不動産を売却してしまったり、建物が火災によって燃えてしまい火災保険金が入った場合などのケースがありますが、こういった財産のことを代償財産と言います。
代償財産は本来遺産分割の対象とはされませんが、相続人全員が遺産分割の対象に含めるという合意があれば遺産分割の対象として認められます。

こういったケースがある場合は先にそのことについて協議してから遺産分割協議をスタートさせたほうが良いでしょう。
そして遺産分割協議を終わったらそれぞれの相続人が相続登記を行い、計算をして相続税が発生する場合は相続税申告書を作成して申告します。