相続税申告を知る - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告を知る

相続税申告を知る

これから遺産相続をする人が必ず意識しておかなければならないのが相続税に関することで、相続税は必ずしもすべての相続人に発生するわけではありませんがどういう場合にかかるのか知っておくことは必要です。
なぜなら、相続税申告の期限は遺産相続がスタートしてから10カ月以内と決められており、期限までに納付できないとペナルティが発生してしまうからです。

知らなかったで済まされるものではありませんし、最悪の場合脱税行為になってしまいますから、遺産相続するなら相続税について、そして相続税申告について覚えておかなければなりません。
相続税申告を自分でするという人もいるかもしれませんが、もとそういったことに詳しい人や、興味があって勉強していた人以外は基本的に詳しい専門家に相談しながら進めていくのがおすすめです。

自分で相続税申告をした結果、きちんと手続きができておらずペナルティが発生して追加で納めなければならなくなったというケースもありますし、そうなっては損をしてしまいます。
ただ、相続税はどのような場合に発生するのかなどの基本的な知識は持っておいて損はありませんので覚えておきましょう。

相続税が発生するケースとは相続する財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いて出た金額で、基礎控除額の計算式は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となっています。
たとえば被相続人に配偶者と子供2人がいた場合は相続人が3人になりますので3,000万円+600万円×3で4,800万円が基礎控除額となります。

したがって仮に8,000万円の財産を相続する場合、そこから4,800万円の基礎控除額を引きますから残った3,200万円が相続税の対象となります。
ただし配偶者の場合は配偶者控除が適用され、1億6,000万円を超えない金額か基礎控除額の範囲内のどちらかに該当する場合は非課税となっているため、今回のケースの場合は前者が適用されますから非課税となります。

さらに相続できる優先順位も決まっていて、もっとも高いのが配偶者、次いで子供、父母祖父母、兄弟姉妹という順番になっています。
相続できる割合も優先順位の順番で多くなっていますので、相続税の計算をする際には覚えておきましょう。

このように相続税申告をする可能性がある人は相続税の基本的なことを頭に入れて、まずは自分が相続税の課税対象になるのか、そして被相続人との関係を確認してください。