相続税申告 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告

相続税申告

遺産相続をする場合、相続する金額によっては相続税が発生する可能性があります。
相続税が発生するとなると当然税務署へ相続税申告をしなければなりませんが、どのような流れで進めていけばいいのか分からない人も多いと思います。

そこでここでは相続税申告の簡単な流れをお伝えしていきますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてください。
はじめに遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日からで、7日以内に死亡届を市町村役場へ提出をしなければなりません。

そして通夜や葬儀をしたり、遺産相続に向けて遺言書の有無を確認します。
遺言書が残されている場合はそこに記載されている内容に沿って進めていきますが、自筆証書遺言あるいは秘密証書遺言で残されている遺言書は裁判所で検認してもらわなければなりません。

遺言書が残されていない場合は戸籍調査や財産調査を行って誰が相続人となるのか、またどこにどれくらい財産が残されているのかを明確にします。
さらに生命保険や死亡退職金、健康保険や遺族年金などの受け取りもしておかなければなりません。

ここまでの過程は遺産相続がスタートしてから3カ月以内にやっておかなければならないことで、加えて相続放棄か限定承認をする場合も3カ月以内に手続きをする必要がありますので注意してください。
相続人と遺産が明らかになった後、相続する方向で話を進めていくなら準確定申告を遺産相続から4カ月以内に行います。

それが終わったら相続人が全員集まって遺産分割協議を行い、だれがどの財産を相続するのか決めます。
遺産分割協議はすべての相続人がそろっていないといけませんし、遺産分割協議書を作成する場合は相続人全員の署名がなければ無効になってしまいます。

遺産分割協議が終わったらいよいよ相続税申告に移りますが、これは国税庁のホームページへ行くとチェックシートがありますので、ダウンロードして使うことをおすすめします。
チェックシートには遺産相続のスタートから申告までの流れを詳しく記載してありますし、相続の対象となる財産の種類なども分かりますから遺産相続をすることになったらダウンロードしておくといいでしょう。

相続税申告は遺産相続スタートから10カ月以内と期限が決まっていますので、遅れないように申告してください。
もし期限に遅れてしまうとペナルティとして追加の料金を支払わなければなりませんから余裕を持って手続きをしましょう。