相続税申告のスケジュール - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告のスケジュール

相続税申告のスケジュール

遺産相続をする場合、法定相続人となる人は相続税が発生する可能性がありますので、あらかじめどのくらいかかるのかチェックしておかなければなりません。
相続できる財産は必ずしも現金だけではありませんから、価値があるものを相続しても相続税は現金で支払わなければならない分、予想していたよりも高くなってしまうと納められなくなることも考えられます。

そうならないためにもあらかじめ自分の相続する財産がどれだけなのか、また相続税が発生することが分かったら申告をしなければならないのでスケジュールをしっかり決めておかなければなりません。
そこで今回は相続税申告までのスケジュールを簡単に紹介していきたいと思います。

まずはじめに被相続人が亡くなってから7日以内に死亡届を出し、3ヵ月以内には葬儀を行うこと・金融機関に連絡して口座をストップさせること・生命保険金がある場合は受け取ること・健康保険や遺族年金の手続きをすること、遺言書の確認と裁判所での検認をすること・相続人調査と相続財産の調査をすることをします。
それらが終わったら法定相続人が集まって遺産分割協議を開始し、誰がどの財産を相続するのか決めていきます。
このときにマイナスの財産のほうが多かったり、相続税の負担が大きくなるかもしれない場合は相続放棄や限定承認ができますので、こちらも3カ月以内に手続きを終わらせておきましょう。

そして4カ月以内のところで所得税の準確定申告を行い、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書を作成する際には必ず法定相続人全員が揃って署名していなければ無効になってしまいますので、法定相続人の漏れがないように注意してください。

遺産分割協議書は各相続手続きをするときに必要になることが多いですから、できるだけ早く作成しておいたほうがいいでしょう。

それが終わったらいよいよ相続手続きを各法定相続人がはじめていきます。
相続手続きのときに必要になる書類はどの財産を相続したかによって変わってくることもありますので、各々があらかじめ確認しておいてください。
特に土地や建物など不動産関係や不動産権利に関するものを相続するときには少し複雑になりますから、できれば専門家を交えて進めていくことをおすすめします。

相続手続きが完了したら相続税申告の手続きをしますが、これは税務署へ必要書類を持って申告するだけなのでそれほど難しくありません。
ただしここまでを10カ月以内に終わらせる必要があります。