相続税申告は税理士へ - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告は税理士へ

相続税申告は税理士へ

これから遺産相続をする人の中には、かなりの金額の遺産が入って来る人もいると思いますが、多額の遺産を相続するときに考えなければならないのが相続税についてです。
相続税は遺産相続した人すべてにかかってくる可能性がありますが、必ずすべての相続人が支払わなければならないものではありません。
相続税申告をする前にまずは自分が相続税の対象になるだけの遺産を相続するのかを知っておかなければなりませんし、それを踏まえたうえで正しい計算をする必要があります。

まずはじめに相続税がかかるかどうかを知るには基礎控除と配偶者控除について把握しておかなければなりません。
基礎控除は3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算することができますので、たとえば法定相続人が配偶者と子供2人の場合は法定相続人の数は3人になります。
したがってこのときの基礎控除額は3,000万円+600万円×3ですから4,800万円となり、これを相続する財産の総額から引いた金額が相続税の対象になります。
また、配偶者は配偶者控除が適用され、これは1億6,000万円以内であれば相続税の対象にならない、あるいはそれ以上であっても基礎控除額内であれば対象にならないという制度です。

これだけ知っておけばとりあえず自分が相続税の対象になるかは分かりますが、相続税申告に向けた手続きはここからが本番になります。
遺産相続は初めてやる人のほうが圧倒的に多く、普段から勉強している人や専門家でもない限りなかなか触れる機会がありません。
そこで頼りになるのが税理士で、税理士は税金のエキスパートですから相続税に関しても当然熟知しており、相続税申告書の作成から節税のアドバイスまで確実に行ってくれます。
相続税に関するトラブルの中でも申告漏れはよくありますが、これは意図的にやっているものだけではなく知識不足によって起こることも多いので、税理士に相談するのがベターです。

税理士に依頼して相続税申告書を作成する場合、費用は相続する遺産がどれくらいになるかによって変わります。
相場は4000万円までがおよそ20~40万円、4000万円~7000万円までがおよそ30~50万円、7000円~1億円までがおよそ50~70万円、1億円~3億円までがおよそ70~120万円、3億円~5億円までがおよそ80~150万円、5億円~10億円までがおよそ150~220万円、10億円以上になると要相談となります。