相続税申告の流れ - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き » 相続税申告の流れ

相続税申告の流れ

遺産相続をする可能性がある場合、必ず考慮しなければならないのが相続税についてで、これは遺産相続をするすべての人にかかってくる可能性があります。
相続税は相続する財産から基礎控除額を引いて残った部分が対象となりますので、まずは基礎控除額を計算しそれを自身が相続する財産の総額から引きます。

基礎控除額は3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算できますから、たとえば配偶者と子供2人が法定相続人となる場合、3,000万円+600万円×3で基礎控除額を出します。
このときの基礎控除額は4,800万円になりますので、相続する財産の総額が8,000万円であれば基礎控除額を引いた3,200万円が相続税の対象となるわけです。
これを踏まえて相続税申告の流れはどのようになるのか、ここからはその辺りを説明していきたいと思います。

まずは被相続人となる人が亡くなったらその日から相続開始となりますので、10カ月以内に相続税の申告ができるように動いていかなければなりません。
最初にやることは死亡届の提出で、その後遺言書がある場合は遺言書の内容を確認し、ない場合は法定相続人となる人が集まって遺産分割協議をします。
遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類がありますが、自筆証書遺言と秘密証書遺言は裁判所での検認が必要になりますので、そこで遺言書が有効かどうかを判断します。

遺産分割協議はすべての法定相続人が揃っていなければいけませんので、戸籍調査を行いすべての法定相続人を明確にしてから行う必要があります。
そして財産の全容を明らかにする必要もあるため、戸籍調査と同時に財産調査も進めていかなければなりません。

遺産分割協議が無事終わったら相続するのか、あるいは相続放棄・限定承認をするのかを相続人自身が判断し、相続するのであれば準確定申告を行います。
その後遺産分割協議書を作成して誰がどの財産を相続するのか確定し、この時点で相続税が発生するかどうかは分かるはずです。

そして名義変更が必要な財産は名義変更を行い、いよいよ相続税の申告手続きに移ります。
最近では相続税申告ソフトを使用して相続税申告書の作成をすることが可能で、これは複雑な内容でも入力して作成するだけなので初めて相続税申告する人でも使いやすいと思います。
ただいろいろな種類のものがありますので、無料版で試してみてから導入することをおすすめします。