相続税でアパートローンの債務 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税の基本 » 相続税でアパートローンの債務

相続税でアパートローンの債務

相続

相続をする場合、被相続人に債務がないかどうかの判断も重要となっています。
例えば、実際にアパートローンなどが残っているパターンも多いです。
被相続人が生前にアパートをローンで購入し、そのローンを支払っている最中に亡くなるというパターンもあります。

例えば、老後の安定した生活のために、近年は小規模な不動産投資が流行っています。
その結果、アパートなどをローンで購入するという高齢者も多くなっているのです。
実際にそれらの不動産は遺産として残していくことができるため、子供や孫にとっても良いものかもしれません。
しかし、ローンなどの債務が残ったまま遺すと、逆に負担になるということもあります。
その点はしっかりと考えて対処していくようにしましょう。

実際にアパートローンが残っている状態で遺すと、相続人への負担が大きくなります。
相続税もかかる中で、ローンなどの債務ものしかかるとなるとかなり負担は大きいです。
もちろん、負債がある場合は相続放棄をすることも可能です。
ただ、相続放棄する場合は、その不動産自体の相続を放棄してしまうことになるので、所有権を失ってしまうことになります。
そのため、かなり考え方によっては損をしてしまうこともあるのです。
ちなみに、ローンが残っている場合でも、国が定めている小規模宅地等の特例などが適用できる場合があります。
相続する場合は、それらの特例も活用すれば、お得に相続が可能となることもあるでしょう。
ちなみにこの小規模宅地等の特例というのは、文字通り小規模のアパートのようなものを相続する際、特例として対処してもらえる場合を言います。
これを活用すれば、よりお得に相続できるかもしれません。
それらの点も把握しつつ、相続するかどうか決めてみてください。

ちなみに、相続放棄する場合は、相続するものがあると発覚してから3か月以内と期間も決められています。
そのため、意外にも時間がないのが正直なところです。
逆に相続する場合とは言っても、他の法定相続人と遺産分割協議を進めなくてはなりません。
そこもしっかりと考えていくようにしましょう。
少なくともそうやって対処していくことによって、より楽しめるようになるのではないでしょうか。
まずは対処方法を知り、どうしても自分で対処できない場合は税理士などに相談するのが良いです。
相続税など税金に関することは税理士に相談すれば、問題を解決してくれるでしょう。