相続税申告手続きの記事一覧 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税申告手続き

相続税申告手続き

電子申告での相続税申告はできる?

最近では税金の申告で電子申告を利用できます。
これを使うと税務署まで行く必要もありませんし、こちらの方が税務署の処理が早いことでも知られています。
相続税申告でもできれば電子申告がいい方もおられるでしょうが、これは可能でしょうか?

これについて、実は相続税申告で電子申告は使えません。
従来の通り、紙の書類で申告書を作り、管轄の税務署まで提出する流れとなります。
なぜ電子申告ができないかというと、電子申告のシステムが相続税に対応していないためです。
電子申告はどんな税金でもできるのではなく、このシステムが対応している種類の税金のみ可能となっています。

このシステムが対応している代表的な税金の種類は、所得税です。
個人の確定申告などで電子申告ができるのは、このシステムが所得税に対応しているためです。
そのため、個人の確定申告では電子申告もよくおすすめされています。

このように電子申告したいときは、そのシステムがその税金に対応しているかが大事なのですが、相続税は未対応となっているため、現時点では電子申告は利用できません。
在宅のまま、インターネットを通しての申告はできませんから、相続税申告するときは、紙の申告書を作って管轄の税務署まで出すことを基本にしておいてください。

このことをよく知っておきたいのは、相続税申告の期限も関係しています。
この期限は相続の開始を知った日の翌日より10か月後の日となります。
つまりは被相続人が亡くなった日からほぼ10か月以内に申告する必要があるのですが、あまり余裕がないことも多いです。

相続は人生で何度も経験するものではありませんし、身内が亡くなったことでショックを受けることもあるでしょう。
そのような中で、遺族にはやるべき手続きもたくさんあります。
相続税申告はそのような中で行う必要があるため、気づけば申告期限が近付いていることもよくあります。

そんなときに電子申告ができると、在宅のままで申告手続きができるため、期限ぎりぎりになっても申告しやすいのですが、これができないのが相続税申告です。
期限ぎりぎりになっても、紙の書類で申告書を作り、管轄の税務署まで提出するという手間がありますから、スケジュール管理はとても大事です。

実際にいつが相続税の申告期限となるのか、それをよく確認の上で、計画的に相続税申告の準備を進めていくといいでしょう。
なお、相続税の申告先は故人の最後の住所を管轄する税務署となるため、相続人にとっては遠方の税務署が管轄となる場合もあります。
このようなときも電子申告が使えると便利なのですが、それが使えないため、遠方の税務署に申告するときは郵送を活用してください。

相続税申告をする

これから遺産相続をする人が必ず覚えておかなければならないのが相続税申告に関することで、相続税申告は必ずしもすべての相続人がするわけではありませんが、その可能性はすべての人にあります。
そこでここでは相続税申告に関する説明をしていきますので、参考にしてください。
相続税申告をする の詳細へ

相続税申告と代償分割

相続税申告の期限は事務的に決まることが多く、ほとんどのケースで被相続人が亡くなった日の10か月後となります。
これまでに遺産の分け方を話し合いで決め、相続税の計算も行わないといけません。
ただ、税金の計算どころか、遺産の分け方で話し合いがまとまらないこともよくあります。
相続税は遺産をどう分けるかが決まらないと、その金額の計算もできませんし、申告もできません。
この期限内に申告を済ませるためにも、知っておきたい方法の1つが代償分割となります。
相続税申告と代償分割 の詳細へ

相続税申告と代償金

相続税申告期限は、一見すると長いように見えますが、実際にはあまり余裕がないように感じられることも多いでしょう。
この期間はおよそ10ヶ月です。
半年以上ある計算になりますが、被相続人が亡くなった翌日からすぐにカウントが始まるため、ほかにもたくさんある相続の手続きをやっているうち、あっという間に期限が来ることもよくあります。
この期限内に手続きをするため、ときには代償金を活用する機会もあるでしょう。
相続税申告と代償金 の詳細へ

相続税申告の代行


相続税申告は代行の依頼も可能です。
実際に相続税を申告することを考えると、プロに代行を依頼するのがかなり現実的な方法となるでしょう。
その理由は申告のスケジュールにもあります。

申告が必要な期限は、相続の開始を知った日の翌日より10ヶ月以内となります。
この期限が長いか短いか、一見すると長いように見えるでしょうが、これはそれほど長い期限ではありません。
相続が開始されたあと、相続人たちがやることは多岐にわたります。
被相続人が亡くなったことの届け出や、被相続人の社会保険の解約、葬儀、遺産調査と、山のようなタスクをこなしていかねばなりません。
相続税申告の代行 の詳細へ

相続税申告での代理権限証書

相続税申告の期限はおよそ10ヶ月となり、この期限が来る日までに申告を終わらせる必要があります。
このスケジュールが少し厳しいため、相続税申告は代行を依頼されることも多いです。
このときに必要になるのが、代理権限証書となります。

代理権限証書とは、税理士が代わりに申告をやることを税務署に通知する書類だと思ってください。
税務は本来納税者がやらないといけません。
納税者以外の第三者がこれを代わりにやることは原則ありえませんが、これを許されているのが税理士です。
ただ、税理士が代わりにやる場合でも事前の連絡なしにやっていいわけではなく、専用の書類の提出が必要になります。
それが代理権限証書なのです。
相続税申告での代理権限証書 の詳細へ

相続税申告の流れ

遺産相続をすると相続税が発生する可能性がありますが、もし相続税がかかった場合には相続税申告をしなければなりません。
相続税申告は難しいイメージがあるかもしれませんが、きちんと流れを把握できていればスムーズにできますので、ここでは簡単に流れを紹介したいと思います。

はじめに相続税が発生するかどうかは財産の全容を明らかにし、相続人を確定させるところからスタートします。
相続の対象になる財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、プラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額か配偶者控除額を引いた金額が相続税の対象になります。
相続税申告の流れ の詳細へ

相続税申告の電子申告

遺産相続をしたのちに相続税がかかることが明らかになった場合、税務署へ相続税申告をしなければなりませんが、相続税申告は電子申告をすることができません。
電子申告とはe-taxと呼ばれる国税庁が運営しており、国税に係る申告・申請・納税に対応したオンラインサービスで、確定申告のときに使われることでよく知られているのではないでしょうか?

相続税申告の電子申告 の詳細へ

相続税申告を知る

これから遺産相続をする人が必ず意識しておかなければならないのが相続税に関することで、相続税は必ずしもすべての相続人に発生するわけではありませんがどういう場合にかかるのか知っておくことは必要です。
なぜなら、相続税申告の期限は遺産相続がスタートしてから10カ月以内と決められており、期限までに納付できないとペナルティが発生してしまうからです。

知らなかったで済まされるものではありませんし、最悪の場合脱税行為になってしまいますから、遺産相続するなら相続税について、そして相続税申告について覚えておかなければなりません。
相続税申告を自分でするという人もいるかもしれませんが、もとそういったことに詳しい人や、興味があって勉強していた人以外は基本的に詳しい専門家に相談しながら進めていくのがおすすめです。

相続税申告を知る の詳細へ

相続税申告

遺産相続をする場合、相続する金額によっては相続税が発生する可能性があります。
相続税が発生するとなると当然税務署へ相続税申告をしなければなりませんが、どのような流れで進めていけばいいのか分からない人も多いと思います。

そこでここでは相続税申告の簡単な流れをお伝えしていきますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてください。
はじめに遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日からで、7日以内に死亡届を市町村役場へ提出をしなければなりません。

相続税申告 の詳細へ