相続税申告について - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税の基本 » 相続税申告について

相続税申告について

遺産相続をするときに必ず考えておかなければならないことのひとつに相続税申告があげられます。
相続税と聞くとたくさん財産を相続した人が納める税金なので、富裕層が対象になるのものでは?と思われるかもしれませんが決してそうではありません。

というのも平成27年1月1日より相続税の基礎控除額の計算式が変更され、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)となったからです。
平成26年12月31日までは5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)という計算式だったので、基礎控除額はおよそ4割も引き下げられたことになります。

たとえば法定相続人が3人いた場合、現制度の計算式に当てはめてみると3,000万円+(600万円×3)になりますから、基礎控除額は4,800万円になりますが、旧制度の計算式なら5,000万円+(1,000万円×3)でしたので基礎控除額は8,000万円になります。
この差は実に3,200万円にもなりますので、当然相続税の対象になる人も増えるのです。

実際にこれまで100人に4人程度が相続税の対象となると言われてきましたが、現行の制度に代わってからは10人に1人が相続税の対象になると言われていますので、私たちの生活にも身近なものとなっているのです。
それでは相続税申告を進めて行くうえで何をやらなければならないのかというと、まずは相続財産と相続人の確定です。

相続財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、それぞれをピックアップしていき、プラスの財産からマイナスの財産を引いて出た金額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引きます。
そこで出た金額が相続税の対象になりますので、相続財産と相続人を確定させ、遺産分割をきちんと行ってからでなければ計算ができないのです。

そして相続税申告が誰がするのかというと、基本的には相続人自身がやらなければなりません。
相続登記を司法書士に代行してもらうことは可能ですが、相続税申告はそれほど難しい手続きでもありませんから税務署へ行って手続きしてください。

相続税申告書の作成や相続税そのものについて相談したい場合は税理士に相談することになりますが、税理士を選ぶときには普段から相続問題を扱っている人に依頼しましょう。
税理士にも専門にしていることが違う場合もありますので、ホームページなどを参考にしながら自分に合った税理士を見つけてください。

相談だけなら無料でできますので、まずは相談をしてみましょう。