相続税申告の際の注意点 - 相続税申告スケジュールガイド

HOME » 相続税の基本 » 相続税申告の際の注意点

相続税申告の際の注意点

相続税は一定額以内であれば基礎控除が適用されて、支払い義務だけでなく申告も不要となります。
だから実際に相続税を支払う方はほんの一部の人で、ほとんどの人はあまり関係が無いのは事実です。
しかし「関係が無い」と思い込んでいる人ほど、相続税が発生していたことに気づいていません。
結果的に余計な税金を支払ってしまい、泣きを見た方は大勢いらっしゃいます。
そこで後で泣かない為にも、相続税の申告にまつわる注意点について取り上げます。

2015年に相続税の大改正が行われ、「基礎控除の縮小」が適用となりました。
これにより今まで「関係が無い」と思い込んでいた人にも、相続税の支払いが発生することになります。
ただ同時に特例の緩和改正も行われ、相続税の控除額が縮小されていても、特例を利用すれば負担にはなりません。
でも”特例”というのが思わぬ落とし穴となり、余計な税金を支払う羽目になってしまうのです。

例えば小規模宅地特例の場合、条件に当てはまっていれば相続した土地の評価を下げることが可能となります。
土地の評価が下がれば相続税の金額も下がるので、節税にも繋がります。
ただし小規模宅地特例を受ける際には、必ず相続税の申告が絶対条件です。
もし申告が無ければ特例は受けられず、余分な税金を払ってしまうので要注意です。

相続税の控除や特例については、テレビのワイドショー等で度々取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
でもテレビの情報を何もかも鵜呑みにして自己判断で行動すると、とんでもない目に遭ってしまいます。
相続にまつわる問題は100人いれば100通りのケースがあるので、一概には言えないのです。
テレビの情報は参考程度として留めておき、もし何か分からない所があれば直接専門家まで相談するようにしましょう。

専門家であれば財産の状況や相続人について把握した上で、的確なアドバイスが貰えるかと思います。
また場合によっては手助けしてくれることもあるので、とても頼りになる筈です。